電話番号0250-23-3888
web問診票

オルソケラトロジー
Orthokeratology

オルソケラトロジーとは

夜にレンズを着ければ日中は裸眼でも良好な視界

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー治療は「オルソケラトロジーレンズ」というコンタクトレンズを寝る前に装用して、寝ている間に眼の角膜を矯正する治療方法です。日中はレンズをつけなくてもよいので、快適な生活が送れます。

こんな方におすすめです
・裸眼で日中過ごしたい方
・激しいスポーツをする方
・成長期のお子様の近視の進行を防ぎたい方
・日中のコンタクトレンズの取扱いが不安な方
・乾燥で日中のコンタクトレンズが辛い方

オルソケラトロジーで視力が改善する仕組み

睡眠中に近視矯正

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーレンズは、内側に特殊なデザインが施された、高酸素透過性のハードコンタクトレンズです。その特殊なデザインのコンタクトレンズが、寝ている間に角膜形状を平らに矯正することで、近視の改善を行います。そのため、翌朝レンズをはずした後も矯正された角膜形状は一定時間保たれるため、日中は裸眼でも良好な視界の快適な生活をお過ごしいただけます。

レンズ装用前(近視の状態)

オルソケラトロジー

眼は入ってきた光を角膜と水晶体で屈折させて、網膜上で焦点を合わせることにより像として捉えます。近視の場合は、この焦点が網膜より手前で結ばれるために像がぼやけて見えます。

レンズ装用中(就寝時)

オルソケラトロジー

レンズを就寝時に装用することで、角膜前面の形状が平坦化し、焦点が網膜上で結ばれて近視が矯正されます。

レンズ装用後(裸眼時)

オルソケラトロジー

レンズによって平坦化された角膜前面は、レンズをはずしても一定時間形状を保つため、日中は十分な裸眼視力が維持されます。

※ オルソケラトロジーレンズでの矯正を始めてから視力が安定するまでは、メガネや使い捨てコンタクトなどを一時的にご使用いただく場合があります。また、効果の現れ方には個人差があります。

よくある質問

Q、オルソケラトロジーって効果はあるの?

A、効果については個人差がありますが、治療開始直後(数日間)は長い時間の効果は得られません。 最初は夕方には視力が少し落ちる事もあります。

Q、誰でも治療を受けられますか?

A、すべての方にお使いいただけるわけではありません。使用を始める前に、眼科専門医が眼の健康状態、近視の度合い、角膜の形状などを検査し、使用の可否を判断します。オルソケラトロジーガイドラインでは-4.00Dまでの近視あるいは近視性乱視に適応できることが確かめられています。

Q、レーシックなどの屈折手術とは何が違いますか?

A、レーシックは手術による矯正ですが、オルソケラトロジーは、角膜の上皮を変形させて視力を矯正します。そのため、レーシックでは角膜形状は元に戻りませんが、オルソケラトロジーでは治療を中止すれば、おおむね治療開始前の眼の状態に戻リます。

治療の流れと費用

治療の流れ 費用
①適応検査&
トライアル装用
オルソケラトロジーレンズの装用に適しているか、近視の度合いや眼の健康状態を調べます。検査で問題が無ければ、院内のトライアルレンズを装用していただきます。 5,500円
(税込)
②お試し装用
(1週間)
個々の患者様の眼の状態に合わせた専用レンズを装用します。
治療の継続を希望するかを決めてください。
55,000円
(税込)
お預かり金
③治療の継続 お試し装用に満足し、このまま治療を継続する場合は追加費用の支払いが必要です。 154,000円
お預かり金は払い戻しいたします。
④定期検査の受診 治療を継続している間は、3ヶ月ごとに定期検査の受診が必要です。
※治療を継続しない場合は、専用レンズを返却していただく必要があります。
※治療の継続を希望しても、眼の健康状態などにより、治療を続けられない場合もあります。
1回3,300円
  • 本治療は保険の対象外、自由診療となります。
  • 本治療中に、眼科医が必要と判断した場合は、その疾患に対する眼科的治療を受けてください。
    その際、費用は別途かかります。
  • 医療費控除の申請が可能です。当院から発行した領収書は大切に保管してください。