0250-23-3888

  • 新潟市秋葉区新津本町3丁目1-10
  • JR信越本線・JR磐越西線 新津駅徒歩5分

レーザー治療
Laser Treatmentnt

レーザー治療

手術に比べると負担を少なく行うことが可能です

通常の光と違ってレーザー光は医学的な治療を行うのに適した性質をもっています。糖尿病網膜症をはじめとする網膜疾患、後発白内障、緑内障等に対する幅広いレーザー治療を外来にて行っています。レーザー治療は日帰りで行うことができ、手術に比べると圧倒的に患者様の負担を少なく行うことが出来ます。レーザー当日から入浴なども行なって頂けます。

局所網膜光凝固術

特定の波長のレーザー光で病的な網膜を凝固

レーザー治療

局所網膜光凝固術とは、特定の波長のレーザー光で病的な網膜を凝固させることにより病気の進行を抑える治療方法です。 治療は日帰りで行えます。治療に伴い、検査や点眼などの必要があります。

局所網膜光凝固術の対象疾患
糖尿病網膜症 糖尿病による合併症のひとつで、日本では失明原因の第2位を占めているほど、早期発見と早期治療が大切な疾患です。糖尿病になってから数年~10年以上経過して発症するともいわれていますが、かなり進行するまで自覚症状がない場合もあります。早期発見の場合はPCで浮腫がひき、視力が改善することもあります。
網膜静脈閉塞症 文字通り、網膜の静脈が閉塞する(血管が詰まって血液が流れなくなる)疾患です。主に高血圧の方や年配の方に多く発症しています。症状はさまざまですが、網膜の出血や浮腫が黄斑部に発症した場合には視力が大きく低下します。進行すると血管新生緑内障や硝子体出血などを合併する場合があり、失明に至る可能性もありますので、早期発見・早期治療が推奨されます。
網膜裂孔 眼球の打撲をはじめ、加齢や強度近視などが原因で、網膜に亀裂や穴があくことがあります。病気が進行するにつれて視界に異物が見えたり、視野が狭くなったり、視力が落ちたりと症状はさまざまですが、網膜剥離の状態まで進行した場合には、失明に至る可能性もあります。年齢に関わらず、普段からの眼科検診で発見することが大切です。
中心性漿液性網脈絡膜症 網膜の中でも最も視力と密接な関係をしている黄斑に、網膜剥離が生じる疾患です。視力低下は軽度の場合がほとんどですが、視界の一部が暗く見えたり、歪んで見えるなどの症状が出ることもあります。原因は不明ですが、強いストレスや妊娠時などに発症する場合もあるほか、ステロイド薬が原因になる場合もあるため、主治医との相談が必要になります。

汎網膜光凝固術

レーザー光によって網膜を広範囲に凝固

レーザー治療

汎網膜光凝固術は、レーザー光によって網膜を広範囲に凝固する治療方法です。治療は日帰りで行えますが、一度に広範囲を凝固すると刺激が強いため、通常は数回に分けて照射を行います。そのまま放置すると血管新生緑内障や増殖性の変化が進行してしまう場合が適応となります。

汎網膜光凝固術の対象疾患
糖尿病網膜症 糖尿病網膜症が進行して網膜の血液循環が悪くなると、網膜組織が酸素不足に陥り、眼底出血を起こしたり、新生血管が生じて硝子体出血に至ります。そのような病状に至らないように酸素不足の状態にある網膜にレーザー治療を行い、糖尿病網膜症を沈静化させます。広範囲のレーザー治療を必要とすることが多く、視力がもとの状態に戻らない場合もありますし、視野が少し狭まったような感覚を覚える方もおられます。
網膜中心静脈閉塞症 虚血型では、網膜のみならず虹彩や隅角にも新生血管を生じる危険性があります。虹彩や隅角に新生血管を生じると血管新生緑内障という難治性の緑内障を誘発します。網膜、虹彩、隅角の新生血管の発生を予防するために網膜全域に光凝固術を行います。網膜新生血管が破錠して硝子体出血が大量に発生したり、眼圧上昇を認める場合には薬物療法や手術が必要となる場合があります。

YAGレーザー治療

後発白内障を治療するためのレーザー治療です

レーザー治療

後発白内障を治療するためのレーザー治療です。治療に伴い、検査や点眼などの必要があります。治療は日帰りで行うことができ、次の検診の際には既に自覚的な見え方が改善されている方も多くいらっしゃいます。痛みはほとんどありませんが、切開した破片が眼の中に散らばるため、治療後少しの間、虫が飛んでいるように見える(飛蚊症)ことがあります。

レーザー治療

YAGレーザー治療の対象疾患
後発白内障 白内障手術の後に発症する、後発白内障とは、水晶体嚢が濁ってくる疾患です。水晶体嚢にある細胞が増殖し混濁してくることが原因で、白く霞んで見えたり、曇って見えたりすることがあります。濁りの程度が軽く、視力の低下や霞みがなければ治療の必要はありませんが、視力に大きく影響をきたすようになればYAGレーザーを照射し、穴を開けることで濁りを取り除きます。

レーザー治療の流れ

レーザー照射時間は短時間

レーザー治療は、座った状態で台の上に顎を乗せて施術を行います。事前に点眼麻酔を行い、レーザー治療用コンタクトを目の前に当て、レーザーを照射します。 痛みはほとんどありませんが、患者さまによっては弱い痛みを感じることもあります。
レーザーの照射時間などは局所網膜光凝固術で約5分程度、汎網膜光凝固術で約10-15分程度、YAGレーザー治療で約2-3分程度となります。